効果と痛み

最近の脱毛サロンの主流は光脱毛です。肌に優しく、痛みが少ないことで有名です。温かみを感じる程度の感触で済むケースもあり、痛みに弱い人にとって心強い存在です。実は、受ける感触は出力によって差があり、出力が強ければ効果も高くなります。つまり、痛みが少ないということは、それだけ弱い出力で照射を行っているということになります。出力が弱いからといってきちんと作用していないということではなく、少し長めの期間がかかるだけです。ですから、痛い思いをして脱毛の施術を受けるのが怖いという方は、出力の弱い方法を選んでも、最終的には少し多めの回数を通うだけできれいになります。肌の弱い人にとっては強い出力で皮膚に影響が出てしまうことの方が問題ですので、自分にとってどのような施術が最適なのかをきちんと見極めなければなりません。
強い出力の施術では、医療レーザー脱毛があります。こちらは、脱毛サロンよりも少ない回数でムダ毛がなくなります。ただし、強い刺激を感じることもあり、必要に応じて麻酔が使用されることもあります。麻酔が使用できるのは医療機関ならではですが、それだけ影響が大きいということになりますので敏感肌の人は慎重に受けなければなりません。

Comments are closed.